金型屋のつぶやき

2018年10月9日加工機の紹介(第1回 マシニングセンタ編)

こんにちは。

技術部の舟見です。

これから全12回に渡り、弊社の保有する加工機をご紹介いたします。

弊社は、高精度プレス金型を製作しており、金型を作るための加工機は一通りございます。

 

1回目はマシニングセンタを紹介します。

当社のマシニングセンタは約30年前のものから昨年導入したものまで、

合わせて7台ございます。

 

マキノフライス製(横形) : a61nx        2台 (20162017

マキノフライス製(立形) : V56i         1台 (2016

マキノフライス製(立形) : FNC74-A30  2台 (1990

安田工業製(立形)    : YBM-640V  1台 (1996

東芝機械製(横形)    : BMC-50E    1台 (1988)

 (a61nx)

毎日、無垢の材料をドリルやエンドミルで削っています。

加工している材料はSKD11やSUS440C、HAP10やSKH51など焼き入れ前の生材です。

S50Cやアルミ、SUSなどの熱処理なしの材料も可能です。

加工サイズは500×500mmまで可能です。(サイズを超える場合はご相談下さい。)

プレートのような平面的な加工から、3次元形状の加工まで可能です。

クーラントは水溶性がほとんどですが、オイルミスト仕様の加工機もございます。

 

それでは、また次回にお会いしましょう。

金型屋のつぶやき一覧へ

Copyright. 株式会社 南雲製作所 All rights reserved.

使用テンプレ名:single-tsubuyaki.php